丸印と角印の違い

  • RSS

「角印ってなんですか?丸印と角印って違いはなんですか?」と、新入社員に聞かれました。
そういえば私も詳しく違いが分からないですね。
法人が使用する、丸い印鑑が「丸印」で、四角い印鑑が「角印」です。

これは社印とも言われていますが、領収書であったり請求書、見積書などその会社が発行したという文書であることを示すために使われるのが社印である角印です。
丸印は契約書などの代表社名などと一緒に捺印されるものに使われるものが丸印です。
丸印には実印などがあります。
代表者印、代表印、会社印、社印、契約印、社長印、などいろいろな呼び方があるんですって。
主に会社の実印である代表者印のことを言うことが多いようですよ。
印鑑登録されているものだと考えるといいかもしれません。
角印は印鑑登録はされません。

丸印は厳重に管理されるような印鑑ですが、角印は一般的な家庭で言えば認印のようなものです。
それ程慎重な使い方をするわけではないんです。
そもそも代表印などに関してはやたら滅多に、簡単に判を押すものではありません。
いわば実印ですから、重要な書類に使用されるのが丸印ですね。
ですからこの印鑑を使えるのは会社の経営者になります。
そして角印は頻繁に発行されるような、先ほど言った領収書や請求書などを扱う経理などの担当部署が使いやすい実用的な印鑑なんです。

角印は単純に、丸印を簡単に、間違って押すことがないようにいう存在でもあるようです。
なるほど。
これが丸印と角印の違いですね。
これなら分かりやすいです。
自分が丸印や角印を使う人間でなくとも、会社の大切な印鑑ですから、この意味はしっかり把握しておくといいですね。

〔売れ筋注目商品のご紹介〕
人気のネイルアートがハンコで楽しめる!
デコネイルのおしゃれはんこが、いま女性に大人気です。
ラインストーンやネイル3Dを施したあなただけのオリジナル印鑑を作ってみませんか?
⇒デコネイル印鑑をチェック!

このページの先頭へ