角印の立場

  • RSS

角印を知っているかといえば、知りませんでした。
法人にも印鑑があるのは知っていましたよ。
ほら、一般的な個人が持つ、実印や銀行印みたいなのが法人や、会社のそういう印鑑があるんですよね。
印鑑って個人も会社も関係ないんだな、と知ったのは、印鑑の通販サイトを見ていたときでした。
個人の実印、銀行印、認印の3点セットがあるみたいに、代表者印、銀行印、そして角印という3点セットが会社にもあるんですって。

代表者印というのは、まあその名前の通り、会社の代表者の印鑑なんですよね。
銀行印はその名の通り、会社の銀行の口座を開く際に使用したもの。
そして、角印。
角印って、立場的には認印でしょうね。
でも、私たちが普段個人で使う認印は回覧板や荷物の受取に使いますけど、確認のための印鑑として。

でも、会社、法人の認印って、一体どんなものに使うんでしょうか。
会社の角印は、社印とも言います。
この角印は契約書、領収書などに会社の名前と一緒にこの角印を捺印します。
ずばり、会社や団体を象徴する、実は非常に重要な印鑑なんだそうです。
この角印というのは、会社や法人だけでなく、事業所や店舗などの認印としても使われているものです。
だから意外と大切な印鑑なんですよね。

会社設立の時には、とりあえず実印だけあればいいなんて言われます。
登録の際に必要なのは実印だからです。
だからとりあえず実印だけ購入しておいて、後でほかのものはそろえようと考えている人は結構いるそうです。
でも、このまま実印だけで過ごしてしまって、実印を他の印鑑と併用してしまうことで、それは危険なことです。
どうかそんなことにはならないように、他の印鑑も一緒に購入した方がいいですよ。



~ Hot Topic│厳選WEBサイト ~

<天然素材の風合い>セラミック表札

丸三タカギの表札を全国にお届けする【表札館】から「なごみタイル」シリーズをご紹介。
カラフルな釉薬を使用し、上品な色合いで表情豊かな和モダンを表現したデザイン表札。
落ち着いた色調と書体の組み合わせがエントランスを彩ります。

→落ち着いた表札をお探しならこちらから!

このページの先頭へ